春節や月は東に日は西に

今日、1月25日は旧暦(天保暦)での1月1日、
いわゆる「旧正月」です。
最近はQ正月のことを「春節」と呼ぶことも増えてきました。

ここで一句、
 春節や 月は東に 日は西に

与謝蕪村の「菜の花や~」のパクリ、
じゃなくて「本歌取り」(汗)であるのは
言うまでもありません。

それはそれとしても、ちょっと考えると
絶対にありえない情景を詠んでいますね。

今日の天気があまり良くなかった(曇り)
というのもありますが、それだけではありません。

そもそも旧暦では毎月1日は、
朔(新月)=太陽と月の視黄経が一致する瞬間
を含む日です。

「月は東に日は西に」のように
月と太陽が反対方向に見えることはありません。

想像だけで詠んだことがバレバレですね。

正岡子規みたいに、俳句について写生・写実を重んじる
考え方の人達から酷評されそうなパターンですね。

以上、お粗末さまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください