名古屋まで超音速で歩いたことになってるらしい件

大手検索サイトGo〇gle様の位置情報サービスによりますと、
私は2月4日に(仕事をすっぽかして)名古屋に行ったことに
なっているらしいのですが。
しかも往路は「徒歩 – 252km  8分」とのことで、
超音速歩行をしたらしいのですが。
徒歩 - 252 km 8分
多分、いわゆるフェイクニュースってやつです。
「主な訪問地 名古屋市」とのこと

先ほど、G〇ogle様より「タイムラインの更新情報」という
メールを頂きまして、
今年2月のロケーション履歴が載っていたのですが、
名古屋城の写真が出てきて、びっくりしてしまいました。

Google様には、全てお見通し。

ぢゃなくて、2005年秋の帰省より後では、
2017年の社員旅行(沖縄)を唯一の例外として、
関東平野から外に出ていないのに(汗)。
#ちなみに私は、熊本出身の埼玉県民で、
#会社は浦和ですが、今の現場は東京都杉並区です。

名古屋は1994年夏の帰省の途中で
素通りして以来なのに(泣)。

そしてよく見ると、先ほど書きましたとおり、
往路は「徒歩 – 252km  8分」とのこと。
平均時速1890Km。マッハ1.5くらい。
Googleタイムラインより抜粋
↑サムネイルをクリックすると元の大きさで表示します。
(506X756、25KB)

復路は少しバテていたのか、
「徒歩 – 233km  13分」とのこと。
平均時速1075Kmほど。
残念ながら復路の平均速度は音速に及ばず。
でも、平均でこれだけ出ていれば、
時々は音速歩行をやって、
周辺に衝撃波をまき散らしていたかも。
我ながら迷惑な話です。
全く身に覚えがないけど。

もともと歩くのは速いほうだけど。
でも、超音速とか、
そこまで速くはないです、たぶん。

#最後に電車を降りてから、自宅まで
#「徒歩 – 2.5km  26分」というのは、
#最寄駅から家までのガチな数字だと思います。

#キャプチャ掲載は省きましたが、
#当日朝は家から駅まで「徒歩 – 2.3km  19分」でした。
#こっちは多分、一時的に走っていると思います。

しかし、会社にバレたらヤバいかもな(笑)。

現場の勤怠表も会社の勤怠表も、この日はちゃんと仕事してた
ということで、月末の「締め」を乗り切ってるので
たぶん大丈夫だとは思うけど(汗)。

きっと同じ現場の他の人のモバイルルータか何かが
「ここは名古屋だ!」的なオーラ(電波?)を出していて、
地下1階であまり電波事情の良くない今の現場で
私のスマホもとい須磨がそっちの電波を拾ったのかと
思いますが。
でも証拠はないです(泣)。

あ、何で「スマホ」でなく「須磨」なのかは、
ついに買った、ZenFone5編』をご参照ください。
要は、音声通話非対応SIMを入れてるからです。

注)音速や衝撃波(ソニックブーム)については、
技術の広場(TechPlaza)』さんが詳しいです。
そちらのサイトやWikipediaによると、
音速は「標準大気」(1気圧=1013hPa、摂氏15度)で、
およそ時速1225Km(秒速約340m)とのこと。
軍用機とかのマッハ1はこの数値。
冬の朝晩ということで、気温が低いと音速は少し遅くなって、
例えば摂氏0度(気圧は1013hPaのまま)だと
時速約1193Km(秒速約331m)です。
ちなみに、マッハ(Mach)の由来は
オーストリアの物理学者エルンスト・マッハ(独: Ernst Mach)
だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください