東京大会202∅1

各種報道によりますと、いわゆる“東京大会2020”が
「1年程度」延期になったそうです。
これまた、今流行りの新型コロナウイルス感染症
(COVID-19、武漢肺炎)の影響です。

ですが、「東京オリンピック・パラリンピック ガイド」という
Yahoo! JAPAN系のサイトによると、
東京五輪が来年に延期になっても、
“東京大会2021”にならずに、2020のままだそうです。

なお、“東京大会2020”という呼び方は、
“第32回オリンピック競技大会”という正式な呼び方を使えない
「大人の事情」(大会スポンサーになるための$の話とか…)を
抱えた人たちが婉曲的に使う呼び方かと思っていましたが、
日本オリンピック委員会(JOC)のサイトでも、
“東京大会2020”という呼び方を使っているみたいですね。
まぁ、パラリンピック(Paralympic Games)と合わせて呼んだら
長くなるか。「オリ・パラ」でも分かるけど。

いずれにせよ、中止になったら今まで色々とお金を
かけてきたりしたのが無駄になってしまうし、
既に出場権を獲得した選手の方々のこともあるし、
そうかと言って予定どおりに開催できる感じしないし。
で、落ち着くところに落ち着いた感じ、と個人的には思います。

少なくとも「予定どおり開催」に拘って全部パーになるよりは。
五輪(Olympic Games)の開催年の変更とかになると
IOCの憲章改正とかも必要になるらしいので、
手続とか間に合う内に東京五輪の延期が決まって良かったか、と。

ただ、1年延期となると、
既に出場権を獲得した選手の方々の身分保障と
今後伸びてくる選手の方々との調整の問題とかも
あるのでしょうが、ここでは控えておきます。

あと、個人的にもっと身近な所では、勤め先の会社の
新人歓迎会が4月12日に予定されていたのですが、
中止になってしまいました。
さすがに、事柄の性質上「1年程度の延期」という訳には
いきませんが、数か月後に延期でも、という気も
個人的にはしないでもないです。
決定に関わる立場ではないので、あまり書きませんが。

また、先に書きましたとおり、
情報処理技術者試験(2020春)が中止になっています。
私は、4年前にAP取ってから御無沙汰して、
LPICやLinuCが中心になっていますが。

4年前にこんな汎デミック、もとい、パンデミック(pandemic)に
なっていたら、と思うとぞっとしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください