金星(2018年6月)

今シーズンの「宵の明星」金星が
だいぶ見易くなってきました。

スマホ(Asus ZenFone5)での
手持ち撮影でも写せるようになりました。
金星
サムネイルをクリックすると、512X384で表示します。
(512X384で表示しても大して変わらないけど。)

撮影日時は2018年6月4日19時33分50秒、
撮影場所は埼玉県新座市、
他の項目は自動設定です。


肉眼での見た目の感じでは次の写真の方が近いかと思います。
撮影時刻は、同日19時34分23秒。
他の項目は上の写真と同様です。
金星の見える夕景
こっちはクリックしても拡大表示しません。
(手ブレが目立つからです、汗。)
画面の右側から3分の1あたりで、中央より少し上の
空の中にポツンとある光点です。

ここで、今シーズンの「宵の明星」についてのデータを
『天文年鑑 2018』(誠文堂新光社)より転載しておきますと、
 外合:1月9日
 東方最大離角:8月18日
 最大光度:9月21日
 内合:10月25日
とのことです。

ただ、いつもなら東方最大離角や最大光度の頃が
観測好機のピークの時期になるのですが、
今シーズンは東方最大離角や最大光度の頃に
金星が太陽よりも南側にまわるために、
日没時の金星の高度(東京での値)で言えば、
6月7日~17日の29.5度が最高で、
東方最大離角の頃には20度くらい
しかないらしいです。

天文年鑑 2018年版 [ 天文年鑑 編集委員会 ]

価格:1,080円
(2018/7/1 00:16時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください